PROFILE
  
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

Bubbles

observation record
<< SDCC2010行ってみた 4 〜 準備編・ホテル | main | SDCC2010行ってみた 6 〜 会場編・企業ブース >>
SDCC2010行ってみた 5 〜 会場編・概要
会場のコンベンションセンターは2階建てで、メイン会場は1階、こまごました施設が2階、映画スターが来るのがホールH、という感じになります。


●1階メイン会場


というわけで、当日の1階会場のレイアウトです。

色分けや注釈は、私が朧げな記憶で勝手に分けて書いてみたものなので、間違っていたらすみません。

 

1階メイン会場だけで見ると、広さ的には…正確には分かりませんが、体感的には、ビッグサイトの東館1〜6全部を合わせたものの2/3、というくらいの印象でした。


日本では、コミケとワンフェスのように漫画とフィギュアはイベント自体が分かれていることが多いので、コミコンもひょっとして会場が分かれていたりするのかな?と想像していたのですが、全部一緒の会場でした。

大体のゾーニングはされていますが、きっちり分かれているわけではなく、グラデーションになっています。
各ゾーンでは、かなり雰囲気が違って面白かったです。


現在、メインの花形なのは、やっぱりアメコミ出版社やテレビ・映画などの有名企業ブースなのかな、という印象。

他にも大きく分けると

・漫画家やイラストレーターが個人で出しているブース
・個人ブース (プロではない人たち?)
・小さい出版社 (インディーズ系?)
・アート・トイ (会社から作家個人まで?)
・お店 (おもちゃ・Tシャツ・グッズなど専門店?)
・中古屋 (まんまワンフェスの中古屋…)

という感じでした。
会場の端の方に行くにつれ、細々としてカオス度が上がるという印象。

それと、会場の中に急に休憩所というか屋台と簡易な机・椅子があってポテトとかジュースを売っているので、ブース内を歩きまわりながらポテトを食べる、ゆとった中学生が続出して迷惑でした(笑)。






●2階


2階は小さめのパネルディスカッション用の会議室や、入場チケットをバッジに交換するコーナー、持ち込み原稿を見てもらうコーナー、昔のSF映画なんかに脇役で出た人がサインを売るコーナー(スーフェスとかで見る感じのです)、その他がありました。

2階にはあまり行く時間が無く、詳しいことはわからなくてすみません。



プレビューの日の夕方、2Fメンバーズバッジに交換後するエリアを通過したところ。
バッジ受け取り後はひとり1セット、自動的に緑の大きい肩掛けバックとプログラムとスーベニアブックを手渡されます。


今年のスーベニアブック。
75周年でDC特集のようです。
没後10年だからでしょうか、シュルツのピーナッツ特集もありました。





●ホールH


ホールHもある意味メインと言えそうです。
映画のプレミアや、大作映画のパネルディスカッション、発表などが行われます。
よく報道される「コミコンにキャストのスター集結!」とか「制作発表!」とかは、大体ここで行われています。

上のレイアウト図で言うと、左の会場外に隣接している感じです。
憶測ですが。


ホールHは入場規制がされていて、入るには炎天下のもと、外の行列に並ばなければ入れません。

この写真だと分かり難いですが、列はずーっと伸びていて、コミケやワンフェスの一般入場列を想像していただければ、多分一番近いと思います。

見て、即座にホールH入場は諦めました…。



一応タイムテーブルや登場するスターは発表されていますが、貰えるパンフレットには確定している人しか掲載されていないのと、サプライズゲストが突然来ることも多いらしく、俳優や作品の熱狂的なファンの人は、アタリをつけて徹夜で並んでしまう人も居るみたいです。
今回も、公式では来ないと発表されていたハリー・ポッターのメインキャストが、サプライズで登場するらしい、というデマが直前に流れて、徹夜で並んでしまったファンのひとたちがニュースになっていました。







でも、そういう発表などは直前にネットで明らかになる場合が多いので、今回PCなど何も持って行かずにネット環境と断絶していた私には、会場に居つつも、実際会場で何が起こっているのかさっぱり分からず、という感じでした。
時間刻みで会場内あちこちでイベントが行われているので、会場でモバイルPC広げている人の多さに、情報を制すものはコミコンを制す、という感じなのだろうなあ、と思いました。

個人的にはスコット・ピルグリムのディスカッションが見たかったです。





人の混み具合的には、やっぱりプレビューナイトが一番空いていて、展示なども見やすかったです。
載せている会場内写真は、ほとんどプレビューナイトか1日目の写真なので、そんなに混んでいないですが、2日目には「うわ、だいぶ混んで来たな」と感じました。
でも、毎回開場後しばらくたってから会場に着いていたので、入り口では一瞬も待たずにそのまま入れました。

3・4日目の土日の会場内の混み具合は、一体どんな感じだったのか、非常に気になります。




プレビューナイト終了後、9時頃の会場外の様子。

この時は混んでいるなあと感じていましたが、翌日・翌々日の人出を見て、あ、空いていたんだな、と分かりました。

プレビューナイトは夕方の6時から9時までなのですが、良く分かっていなくて、外のレストランで悠々と食事していたら、大きい袋に戦利品いっぱいのお兄さんに「9時で閉まっちゃうよ、多分」と教えてもらって、慌てて会場へ向かったのでした。

なので、プレビューもあんまり見れなかったので、開会イベントなんかもあったのかなあ、と気になります。



| サンディエゴのコミコン行ってみた2010 | 00:00 | - | - | pookmark |