PROFILE
  
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

Bubbles

observation record
<< WF2010Sありがとうございました! | main | WWE RAW presents サマースラムツアー 2010 >>
ドゥーン城の様子とか
 ドゥーン城の行き方を書いたきり忘れていて、中の感想を書かずにいたのですが、写真が出てきたのでとりあえず貼ろうと思います。



入り口から入ってすぐ。
屋上に、フランス兵は居ないようです。
右に別れる道の先に、駐車場とトイレがあります。



♪ダンダンダンダンダンダン…ダンダンダンダンダンダン…
ランスロットが駆け上がった階段!!


私が耳に当てて聞いてるのは音声解説です。
なんと!

テリー・ジョーンズのナレーションです!!

お城の歴史や当時の風俗なんかを各部屋ごとに細かく説明してくれます。
一部ホーリーグレイルの音楽や劇中音声が流れたり、当時のロケのことも(確か)チラッと言ってくれたりする、パイソンファンには嬉しい解説。
結構ボリュームがあるので、全部聞くとかなり満腹になります。
個人的には、このテリーJの美声ナレーションのためだけでもドゥーン城に行く価値はあるような気がします。

ホーリーグレイルDVDの特典で、テリーJとマイケルがドゥーン城を訪れていますが(2001年?)、この時はふたりとも久しぶりに来た、というようなことを言っていました。
音声解説の中で、テリーJが「数年前に撮影で久しぶりに来たんだけど、その後に話が来て、この解説を吹き込むことになった」というようなことを言っていたと思うので、このテリーJの音声解説が使われるようになったのは、少なくとも2001年の数年後から、ということになるのでしょうか?
(…いや、でも、そもそも私の英語聞き取り能力が皆無なので、それすら聞き違えていたらすみません…)





部屋の一室には、お城の地図というか説明図があって、ホーリー・グレイルのロケ地だよ!ということも書いてあります。



テリーJとマイケルが来たよ!ということも書いてあります。



お城の入り口に土産物売店を兼ねているチケット売り場(音声解説は入場料に含まれています)があって、そこのおじさんにパイソンのファン?と聞かれたので、そうです〜、と答えたら、コスプレしてドゥーン城を訪れたファンたちの写真アルバムみたいなものを見せてくれました。
外人さん楽しそうだな〜!と羨ましかったです。


DVD特典や他の人の訪問記などでは
「無料でココナッツの貸出をしているので、パッツィーやコンコルドになりきってパカラッパカラッ出来る」
となっていたので、自宅でホーリー・グレイルDVD特典・マイケルのココナッツ講座をしっかりと見て予習して行ったのですが、売店にココナッツはありませんでした…。
おじさんに聞いたのですが、「無いよ」というお返事。
心ないファンに持って行かれてしまったのでしょうか?
それとも、その日は我々の他にもファンが来ていて、ちょうどその時、城のまわりでパカラッパカラッしていたのでしょうか?

土産物の棚の上に、手作り感あふれるアホウドリ売りのセット(首から下げるジョンのアレ)みたいなものはあったのですが、ホーリー・グレイルじゃないしなあ…と、見なかったことに。


そんなこんなで、帰っても絶対使わないと思われる、ドゥーン城の皮栞やらミニチュア置物なんかをその場のテンションでしこたま買いまくって、帰途についたのでした。


とっても楽しかったので、是非エジンバラ周辺に行くことがある方は、ついでにドゥーン城にも立ち寄ってみてはいかがでしょうか!

| 日記2010 | 00:00 | - | - | pookmark |