PROFILE
  
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

Bubbles

observation record
<< スコットランドの針金雀枝 | main | 拍手メッセージありがとうございます ( ´v`) >>
ドゥーン城への行き方(歩き、もしくはバス使用)
先日、「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」のロケ地として知られるドゥーン城に行ってきました。

せっかくなので、ココナツ鳴らしたい方々へ向けて、ドゥーン城への行き方を書いておこうと思います。
長いので先に結論を書いておきますが、

1.スターリングからバスで15分ほど(日曜は運行が2時間に1本に減ってしまうので、注意)
2.ダンブレーンから歩きで1時間半〜2時間ほど(正確にカウントしていなかったので分かりませんが、足に自信がある方向け)

のパターンになると思います。
ひょっとしてダンブレーンからのバスでも行けるのかもしれませんが、乗ってないので未確認です。
以下は、実際行ってみた道中の感想になります。

ドゥーン城自体の簡単な感想はこちら


・・・・・・・・・・



行く前に、日本で軽く検索してみたのですが、日本語のページでは、実際行った方の感想ブログなどは見つかるのですが、どうやって行ったかの記述は見つけられませんでした。
「どうやらスターリングからバスが出ているらしい?」という情報を頼りに、とりあえずエディンバラを観光しようとは思っていたので、近くだから足を伸ばしてみるかなー、などと軽く考えておりました。

そして、エディンバラで宿泊したB&B(余談ですが、Kelly's Guesthouseという、駅からバスで10分ほどのところにお世話になったのですけど、バスも頻繁にあるので街には出やすいですし、綺麗で安めでとても良かったのでオススメです)でPCが無料で使えたので、軽い気持ちでグーグルマップで調べてみたら、簡単に行き方が分かりました。

すごい!
やっぱりインターネットってすごいですね!
と、今更ひとしきり感激してしまいました。
日本語のグーグルマップがあることに気付かず、英語のページを見ていたので、色々分かり難かったのですが、何とか目的地発見。



すぐ分かるから皆はわざわざ行き方を書いてないのか〜、と思ったのですけど、マップを見ると、最寄り駅って、スターリングじゃなくてダンブレーンっぽくない?と思いました。

やっぱり比べてみると、ダンブレーンの方が近い気がします。



ということで、ダンブレーンから歩くとこのくらい、という時間が出ていたので、スコットランドの景色も堪能したいし、よっしゃ歩きますか!という結論に達しました。

ルートもどうやら簡単なようだし、B&Bにはプリンターがなかったのでプリントアウトできなかったのがちょっと心配でしたが、このピンクにマーキングした行き方の文章のところの英語をメモに丸写しして、出発!

…したのが、まぁ、失敗だったわけですが…


結論から言いますと、ダンブレーン駅は改札が片側しかなくて、グーグルマップさんは、多分改札を出発点に定めてるようなんですね。

でも、エディンバラからの列車は、改札の無い方のホームに到着するので、駅から出ようとすると、自然にTescoに出てしまうのです。

ということは、Tescoの目の前の道、ドゥーン・ロードをそのまままっすぐ行けばドゥーン城に着いたはずなのですが…この地図が無かったばっかりに、説明文に惑わされるはめに…!



というわけで、エディンバラから電車で1時間10分ほど(スターリングはその手前、ちょうど1時間ほど)でダンブレーンへ到着。
電車代は、1000円しないぐらいだった気がします。

ダンブレーン事件があったので、名前をご存じの方も多いかと思いますが、ダンブレーン自体は小さい静かな田舎町という感じで、川が流れていて、良いところそうでした。
大聖堂や図書館の古書も有名だそうですが、日曜だからか、どちらも閉まっていました。

まずTescoでトイレを借り(そのまま目の前のドゥーン・ロードを行けば良かったのですが…)、とりあえずお腹に何か入れようと、いくつかお店やホテルがある改札のある方へ陸橋を渡ります。

カフェで腹ごしらえをして(でも途中には勿論店なんて何も無いし、日曜でドゥーンの町はお店全休だったのでここで食べておいたのは正解でした)、メモをしてきた順路を聞くと、お店の人は知らず、お客さんの中のお婆さんが道を教えてくれました。
まぁ、それが180度違う、バース・ロード方面だったので、真逆方向へ向けて出発。

しばらく歩くと、図書館をすぎ、大聖堂をすぎ、…さすがに違うなこれは、ということに気付き、しょうがないので、向かいから歩いてくる4人ほどの高校生(中学生かも?)の集団に、道を聞きました。
こういう場合って、ちょっと恰幅の良い、あねご的な女の子が一番親切で頼りになる、と思うのは偏見でしょうか。
他の子は英語もろくに話せない変な東洋人にちょっと引いていたのですが、ちょうどそんなあねご的な子がiPhoneでグーグルマップを使ってドゥーン城までのルート確認をしてくれて、ちょうど駅の方まで行くし、曲がるところまで同じ道だから一緒に行こうと誘ってくれて、無事にルートに戻れました。
とても優しくて、可愛い子たちでした。
ありがとう、あねご!!

というわけで、大幅に回り道して、当初のルートに復帰。
あとは、A820のドゥーン・ロードを、ひたすらドゥーン城まで歩くだけです。



ドゥーン・ロード沿いにバス停があり、ちょっとチェックしてみたら、行き先がカランダー方面だったような気がするので、ひょっとしたらドゥーン城も通るかもしれません。
バスが通ったら運転手さんに確認してみようかな、と思ったのですが、なかなかバスに遭遇せず、おかしいなと思って時刻表を見てみたら、日曜日は運休でした…。
なので、平日はひょっとしたらダンブレーンからもバスで行けるかもしれませんが、日曜は100%無理なので、歩く気でなかったら、日曜はスターリングから向かった方が良いと思います。
ちなみに、我々が行った時は、ダンブレーンは昼にもかかわらず駅には駅員さんも居ないようでしたし、駅前にはタクシーも居ませんでした。
これも日曜のせいだったのでしょうか。




市街地を抜けてしばらく歩くと、すぐにこんな感じのスコットランドぽい風景が広がります。
ひつじ!ひつじ!

写真にうつっている向こうの丘は晴れていますが、撮影しているこちらは、かなり雨に降られています。
この日は、朝とても晴れていたので、折り畳み傘を宿に忘れてきてしまったのですが、旅の全行程中、雨に降られたのはこの日だけでした…。



スコットランド名物なのでしょうか、変わりやすいお天気の写真。
半分から左は晴天で、半分から右は豪雨なのがお分かりいただけるでしょうか。


と、そんな感じで歩き…ひたすら歩き…

道、間違ってないよね…?
誰かに聞きたいけど…車は通るけど、見える範囲で歩いてる人居ないし…


と、何度となく不安になった頃、ようやく標識が。



やっとドゥーンの町のサインが。
我々は、間違っていなかったのだ!

正確な時間は計っていませんし、多分体感時間としては迷った時間も含まれているのかもしれませんが、でも、この時点で既に1時間半は歩いていたような気がします。
それとも、何もないところを歩いていたので、長く感じたのでしょうか。
いや、雨だったから長く感じたのでしょうか…。

でも、道としてはちゃんと舗装されているし、歩きやすい道でしたので、楽しい道のりでした。



そしてまたそのまましばらく歩くと、いよいよドゥーン城の標識が!
ここを曲がれ、ということですね、分かります!



曲がると、わりとすぐに目の前が開け、憧れのドゥーン城が!!

というわけで、ドゥーンに入ってからは、割とすぐに城に到着、という感じでした。

途中には全く店も何も無いので、トイレや水、その他はダンブレーンのTescoで調達してから出発した方が良いと思います。



そして、ドゥーン城自体の感想は別記事に書くとして、帰りはもう歩く気はなかったので、スターリング行きのバスに乗ることに。
ドゥーン城のショップのおじちゃんに聞くと、バスの時刻表を確認してくれました。

スターリングとドゥーン城間のバスは、日曜は2時間に1本だそうです \(^o^)/

日曜にドゥーン城に行く人は、気をつけましょう!
でもスターリングにはお店もいっぱいあるし、スターリング城という観光地もあるしで、時間調整は簡単ですし、ドゥーンに着いたらすぐに帰りのバスの時間をチェックすれば良いだけの話だとは思いますけれども。


で、ドゥーン城からドゥーン・ロードに戻り、歩いて来たダンブレーンとは逆方向に向かって10分ほど歩くとドゥーンの町、そしてバス停に出ます。
お店も結構あるみたいでしたが、ほぼ全部お休みだったので、唯一開いていた商店で、お菓子とホットコーヒー(日本みたいにホットの缶コーヒーが無いので、レジのお兄ちゃんに聞いたら、ネスカフェを入れてくれました)を購入して、バス停で風を避けながらバスを待ちました。

行き先が、スターリング行きと、真逆方向のカランダー行きがあるので、間違えないように注意して、バスに乗り込みます。


スターリングまで、バスで15分、といったところでしょうか。
途中にサファリパークがあったのが少し気になりました。ちょっと行ってみたかった…。
景色も、ダンブレーンからに比べると、若干町っぽい感じで、また違った風景が楽しめました。


という感じで、なかなか楽しいハイキングでした。
多分、普通の人がミスしないようなことにも全部はまっているので、わざわざこの記事を読まれなくとも、普通の方は何の問題も無くドゥーン城へは行けると思いますが、何かの参考になれば幸いです。


あっ!
グーグルマップは、プリントアウトして日本から持参する、という点が重要かもしれません…。




| 日記2010 | 00:00 | - | - | pookmark |